「思い出」タグアーカイブ

店長ブログは歴史古く?リーダー的存在で投稿記事数も最多・・敬意を表し?ほぼ全てのLINK付き記事タイトルをリストアップ・・ソフトハウス+住宅リフォーム工務店、投稿済み記事を一気に紹介PR

当ブログのスタート当初は名無しのブログでした

多くの姉妹サイト群が林立・・我ながら失礼かも・・になった今

周りから「店長ブログ」なんて呼ばれる事も多々御座いますデス


店長ブログは歴史古く?リーダー的存在で投稿記事数も最多・・敬意を表し?ほぼ全てのLINK付き記事タイトルをリストアップ

ページ内容自体はキャラクタ(文字)ベースなんですが、項目数・・即ち投稿記事数は半端無く多い状況ですので悪しからず・・・

店長ブログに投稿済み記事タイトル・LINKリスト

ホームページ・タイプのサイト群 エネシスポート運営WEBサイト集 も多く運営していますが、ブログ・SNSも多いですね
中でもの「店長ブログ」は歴史古く?リーダー的存在で投稿記事数も最多・・ここは敬意を表して?
2018/10/13 現在、ほぼ全てのLINK付き記事タイトルをリストアップ


備考店長ブログ同様、同じ頃にスタートした「統合版メイン・サイト」はホームページ・タイプのサイト群の代表的なサイトです。 そのサイト内にて全体的に未だ小規模だった時点
に下記表の趣旨と同じ
ブログ記事 (日付順) PART-Ⅱ (日付順)を設置済試行錯誤の連続で相当な時間・作業量を要した為”疲れたよ~“、以降は更新お休み気分のまま
・・暫くは”
記念碑“的存在でデータベース操作など更新作業環境も一段と好転した今、比較的に短時間で次の紹介テーブルが作成可能となり公開実現となった次第です・・
尚、我ながら呆れる程の膨大な量かつ多くの編集ステップを経てますのでケアレスミスは有り得ます・・大目に見て下さいませ・・

ウェブ担当 敬具 2018/10/13

 

改めて[歌手]鎌田純子オフィシャルブログを見ましたら本日(10/07)も東京都八王子市南大沢の「三井アウトレットパーク多摩南大沢」にてLIVEライブ活動と。頑張って下さい!応援してま~す

元々は「住宅リフォーム」関連情報のホームページを”これでもか”と自分で言いたい程にページ数を増やしたり、コンテンツの内容を吟味して編集したりの連続でした。

特に「太陽光発電」に関しては一般的な情報コンテンツとは別に、同業他社さんには見かけることが少ないであろう自由度の高い自作の発電量推定シミュレーション・ソフトの実行状況や開発経過なども掲載する等、専念していました。・・・が、時間・費用・精力をかけた割にはネット認知度は芳しくない状況で推移していたものです。

何度も話材にしていますが独自ドメインを取得以降、幾つものジャンルにわたって複数のWEBサイトを構築して参りました。

全体として各サイトの協調関係も有ってボリューム増加に伴ってネット認知度も徐々に上昇して来た次第です。

と言っても、大枠は”カタイ”内容ですね。

WEB担当たる小生が今一つ至らない者なので努めて、日頃は表現難しい「ユーモア」を極力散りばめてアップしている次第です。


少しは・・・違う角度のサイトさん、癒されるサイトさん、応援したいサイトさんへのLINKコーナーを設けて有ります。 例えば・・・

鎌田純子オフィシャルサイト

ホームページ Blog Blog(従来)

サイン入りCD ・・ My BLOG


上は、以前の投稿済みの当ブログ記事より抜粋しての再掲ですが
同様内容を当ブログの左欄の下部に紹介コーナーを設置しています

ところが先程、リンクをClick したら・・・??
どうも、先日来の常時SSL化の作業の際に調整ミスのままで・・・

これはイカン! と修正したところです


改めて 鎌田純子オフィシャルブログ を見ましたら

10/07(日) 東京:三井アウトレットパーク多摩南大沢

とのライブ情報が・・・・以前から度々のライブが催されている

三井アウトレットパーク多摩南大沢
(東京都八王子市)


歌手:鎌田純子さんのブログ内ライブインフォメーションに04/14(土)[東京]三井アウトレットパーク多摩南大沢、06/03(日)三井アウトレットパーク多摩南大沢。頑張って!応援PR~唯一のサイン入りCD

敢えて「旅」と表現するも殆どは我が「エコ旅・ECO旅・一人旅・ひとり旅」の思い出を備忘録・写真アルバム集兼ねてアップ済み!エコ版コンテンツでもネット上認知度は満足・納得~ミニ考察[六の巻]

久し振りの無茶なサイクリング・・・豪雨や台風と大荒れの後の久し振りの好天気と、加齢に連れ弱まって行く体力・気力・・・考えると、多少無茶なサイクリングやハイキングの類の運動は・・今でしょ!の流行り文句に習いて遂に強行・・決行するも従来の感想とはチト違う。

風水害など従来のソコソコの日数で治まる状況では無いまでに甚大な被害状況・・・道中、特に目についたは植林された「杉」材の被害です。

とんでも無い本数の杉の木が無造作に倒されていました。
割合的に小さい本数なら、片付けて行こうと前向きにもなろうが、その作業にも膨大な作業量が必要だし果たして倒木を何らかの用途に使えたにしても作業コストを賄うには・・・

余りにも多い倒木故に片付けて行く気力が・・・
何より、昔に比べて大規模な自然災害が多くなって来た感のする中で、従来通り植林を続けて行っても先行きが不安でしょう・・・

見るからに背が高い杉の木ゆえに風圧で揺さぶられては・・密集しての植林なれば一本当たりの根の張る地盤は狭小範囲
何より山肌の斜面に沿って植えられているので鉛直方向に伸び切った高くて大きな杉の揺さぶりには耐えられなかったのでしょう

加えて豪雨の影響で崖崩れも起きような水分を十分に含んだ根の張る地盤は脆かったんでしょう・・・一本が根っこの土もろとも剥ぎ取ったら隣接の杉の地盤は呆気なかろう

でも従来はやってこれたハズ。 立て続けに規模の大きな豪雨に台風更には地震絡みの自然災害の危険性が増して来たような・・・

当初予定だった国道477号線一本でのコースを外して鞍馬寺の前を通った! 更に貴船方面への入り口も通り過ぎた。
あとで新聞で見たら貴船神社あたりの倒木も大変な状況らしい。

実は急勾配の坂道ながら、それはそれで思い出になろうと意を決しての国道477号線一本のコース取りだったが結果は、途中で2回にわたっての大きな迂回を余儀なくされてしまった次第。

途中で以前から予定されていた様な道路工事現場に出会ったが、その工事が霞んでしまうような全体的な道路被害

膨大な倒木の片づけをして行くのでしょうが、元々スムーズな交通が難しい道路・・・膨大な量の倒木の片付けに道路の修復工事にと、今後長期間にわたっての交通制限がなされて行くのでは?

地元の方々の日常生活にも長い事 支障が・・・

崖崩れで瓦礫や倒木で覆われた路上を自転車を持ち上げて通行した個所のスグ近くに・・・数軒の別荘らしき建物が・・・
周囲の状況から”別荘生活”気分にはとても・・なれそうには無いのでは?

=============== [七の巻] に続く ===================

 

敢えて「旅」と表現するも殆どは我が「エコ旅・ECO旅・一人旅・ひとり旅」の思い出を備忘録・写真アルバム集兼ねてアップ済み!エコ版コンテンツでもネット上認知度は満足・納得~ミニ考察[五の巻]

京都大原三千院には大昔?最初の職場のレクリエーションで京都市内よりバスに揺られて行ったことが有ると思うも記憶は朧気なり。
ただバスに乗り山里らしき所でしたので、きっと「大原の里」のハズ

その後2回は、何とアップした記録が・・・

サイクリング一人旅、(大原の里)京都大原三千院~(壱)門前参道~(弐)境内庭園~(参)あじさい。ハイキング一人旅、(零)一年前、琵琶湖大橋までのハイキング途中に。ひょっとして昔にも?


一人ハイキング、円町駅~八瀬(比叡山麓)~大原の里(大原三千院・寂光院)~琵琶湖大橋

上のアルバムより抜粋・・・・


しそ畑 ・・・ 大原は しその里 でも有名

取敢えず主な目標だった「大原の里」で三千院・寂光院を尋ねて・・は済ませた
朝9時過ぎに京都市内のJR円町駅をスタート。
ここで丁度夕方の4時、既に7時間近くは歩き通し・・全体に緩やかな上り道
夏至に近い日とは言え曇り空、実質的な日没は意外と早そう。 雨降るかも・・
残された時間は多く見ても3時間半くらい
決断を迫られる・・少しか大きくかは存ぜませんが・・・
来た道を歩いて戻るのは味気なし
帰路をバスに揺られて戻るは半分、勿体ない
でも先のコースの状況は知れず・・・え~い、行ってしまえ!折角の機会だし更には、この年になって二度とチャンスは来ない
長いコースの方が記憶に・・「旅の備忘録」のコンテンツ量の面でも・・それに今回のハイキングの、もう一つの大きな目的は高血圧に立ち向かい
2~3の血圧値を低下させることでは無かったか!それに京都市街より琵琶湖へは電車では勿論、サイクリングでも国道1号線
沿いに何度も行き来しているし・・

イザとなったら引き返すか定期バス便が有れば利用しても良し・・・

出来たらシンボル的な琵琶湖大橋まで行けたら・・・歩いて行ってこの目で・・

実は終盤近くになって思いがけない、やりとりの機会が有りました
のちほど・・・さぁ! 決めた! 京都市に戻らず琵琶湖大橋を目指そう

八瀬(急遽、立寄り散策)⇒大原の里(三千院・寂光院)⇒琵琶湖大橋(更に遠く)


歩車道の分離無く場所によっては通行車両に気を使いながら・・

京都市JR円町駅から情緒ある人気スポット「大原の里」へ ハイキング、一通りのエリア散策を終えて尚、午後4時に大原の里をスタートして先ずは琵琶湖大橋に向かいて、暫くしての此のポイント・・・・[spot1_yase-oohara-biwako]にて1枚の写真を収めておりました


今回の国道477号線経由での琵琶湖大橋を目指した山越えサイクリング・・・途中2回目の迂回路相当のコース変更後にも同じポイントに到着
・・・[spot2_biwako477_181002-03]

但し、今回はサイクリング・・・因みに前回は、これまた無謀なハイキングでゴザイマシタです。

ここの道路面のお顔の方は覚えは如何? 小生は記憶力は全く無いものの現代の利器たるスマホのデジタルカメラ機能は凄いですネ

労り上手に転写すれば300年くらいは劣化しないとか仰っておられます。 ならば精々、ネットにアップしようでは有りませんか・・・


因みに別のポイントですが・・・次は前回のハイキングの時


上の標識を見たら、あと数メートルで滋賀県大津市に入るんだ! 来たっ!

次は今回のサイクリングの際の写真


今回も”人”の顔を見てなのか府県境の通行料は無料にしてくれた

前回のハイキングでは足の負傷もあり長時間かかって琵琶湖大橋へ
満足に歩いて進むことが出来なかったなぁ~其処に「天からの恵み」の声がかかったなぁ~「乗りませんか?」と・・・
然しながら折角の一人ハイキングで目指した琵琶湖大橋・・足が痛くても此処は大願成就?のため涙を堪え鬼になって温情を断った事も有ったなぁ~改めて、あの際の非礼・無礼を謝りたい。

因みに当時の事を振り返った記事・・・

先日のハイキングでの或る出来事・思い出、或いは生涯2度目のヒッチハイクに・・有難いお心遣い有り


今回は自転車たる文明の利器の使用を許され、前回の脚の負傷もあったハイキングの悪しき回想・所要時間予想から大幅に時間短縮となっての琵琶湖大橋到着でした。 もっともスグ近くまで来て安心も有ったし、逆に早々に琵琶湖大橋を渡っても時間を持て余す羽目に・・・・

琵琶湖大橋を渡る前にスーパー・イズミヤにて懐かしき「スガキヤ」のラーメン、マクドナルドにて時間消費

=============== [六の巻] に続く ===================

 

敢えて「旅」と表現するも殆どは我が「エコ旅・ECO旅・一人旅・ひとり旅」の思い出を備忘録・写真アルバム集兼ねてアップ済み!エコ版コンテンツでもネット上認知度は満足・納得~ミニ考察[参の巻]

今回の二日がかりのサイクリング、走行コースはスタート当初予定に近かった・・・一部、先の台風や大雨の影響でしょう・・・相当な国道区間が通行止めな為、二度の迂回路を経由することも有ったが・・

この最初の迂回路では路上を崖崩れで路面を覆った倒木や土砂の上を自転車を持ち上げて渡ったり・・・

本来の国道477号線に戻って進むも通行止め区間は続く
通行止め」の立て看板が目に入る
道路地図帳にも「花脊峠」当たりには”国道急勾配”の印が付されているし標高も759mと我にとっては難所だとの認識は有りました。

何故に、そんな難所を国道が? 恐らくは・・
山々が多く、周辺には東西に連絡する主要道路が無いが一方、必要だから敢えて時間を要し急勾配の峠越えの道に?
恐らくは、通常でも交通量は少なかろうかと・・・今回は、被災しての通行止めとなっている為に極端に少なかった・・・
府県単位では維持管理出来ないから「国道」に格上げされたのではないでしょうか?

交通止め案内を見て一旦は引き返すべきか?と思うも、迂回コースは限定される・・・難儀して時間をかけて漸くココまで来た道を引き返す?
さては日本海側の小浜市に出て大きく迂回して琵琶湖へのコース?
この場合でも山道の連続で先々の道路状況は分からない! 確かに今回予定の峠越え程の難所では無かろうが、それ程の遠距離サイクリングの用意はして出て無いし・・

「通行止め」の看板横を台数は少ないが一般車両が通行して行くのを見て以降は「自己責任」の覚悟を持って先に進むことにしました。

京都府亀岡市を午前7時に出発、近くで国道477号線に入った後は、標高759m「花脊峠」、標高741m「百井峠」、標高627m「前ヶ畑峠」の見知らぬ難所は有れど自転車を限りなく?押して進む覚悟で国道477号一直線にて琵琶湖大橋に至る計画でしたが、既に「道の駅ウッディー京北」までに一度は通行止め区間を迂回済み

やっとの思いで一旦は「花脊峠」を通過、京都府道38号「京都広河原美山線」の鞍馬方面への分岐点に到着
当初、道路地図を見ての走行計画ではスンナリ国道477直進の筈も何やら急に折れて而も幅員が狭小に・・・国道方面を見ると倒木状態ナリ。
もうダメ! 直観的に国道方面に曲がらずに鞍馬方面への府道を進む事にしました。 正解だった筈! 難所2ヶ所の峠越え・・狭くて急勾配の倒木の障害が多分に予想されるコースを迂回して・・・

何れは京都・大原の里の北側にて合流する事になってましたが、比較的楽なコースで鞍馬寺~大原の里を経由して合流地点?に

=============== [四の巻] に続く ===================

 

義務感を感じてには抵抗感も有るがインスタ映えを競う?楽しむ?サイト運営では無いがソコソコのネット認知度は欲しい。ならば多少の忍耐・努力は必要かと観念しての今月初日から朝・夜の血圧測定

昨年に続きましての企画・・・一ヶ月間、通しての血圧測定・・月間?

義務感を感じてまでには抵抗感を感じますが、インスタ映えを競う?楽しむ?性格?のサイト運営では無し・・かと言って、ソコソコのネット認知度は欲しい・・・ならば多少の忍耐・努力は必要かと観念しての今月初日からのスタート・・・すでに10日目に入りました。

一般的に言われてます”三日坊主“の第一関門の関所は何とかクリア

このまま行ってくれ・・・仮に、2年間にわたる同一時期の一ヶ月間の個人データが比較・推移・傾向を知る細やかな資料に供することが可能となれば意味あることかも・・何故なら万年それも若くして高血圧症を指摘され、以後の健康診断の度に気になる診断結果に責められ続け・・・

でも実質的には特別な本格的な治療は受けず、ごく自然に・・たまにハイキングやサイクリングにて・・・或いは敢えて無謀な・・・それらを強行!

その結果の我が身の血圧の現状を・・・“40年”ほったらかしなる結末を知る希少な参考事例・・あくまでも、一つのケース・・・

尤も、初めて指摘され”何故に我が・・・“の恐怖から約40年の加齢のお土産あれば平均的な一般人の場合、程度の差はあっても悪化する傾向は明らかのハズ。

仮に、この間に血圧降下剤の服用を続けて来たならば副作用が重なって今の自分の身が有ったかは甚だ疑問!


参考 )

昨年(2017年)の血圧測定データの一覧表

本年(2018年)の血圧測定データの一覧表


1ヶ月間血圧測定状況 血圧の表データ 及び 血圧の変動グラフ

 

Click!で血圧計お披露目~高血圧独り言 血圧測定変化
血圧測定結果表 血圧測定結果グラフ

奄美・あまみ~奄美大島・徳之島・喜界島・沖永良部島・与論島[奄美群島・奄美諸島]奄美の思い出、懐かしい思い出をネットで旅する。奄美に関連するキーワードを「myホームページ」より拝借し再掲PR

奄美・あまみ奄美大島徳之島・喜界島・沖永良部島・与論島
・・・ 奄美群島・奄美諸島

懐かしい思い出~徳之島・奄美大島

奄美に関連するキーワード
マラソン,水泳,ウェイトリフティング,オリンピック,尚子ロード,木原,三宅,強化合宿,気候温暖,占領下,本土復帰,復興,台風銀座,さとうきび,黒糖,焼酎,機織り,わら葺,パパイヤ,バナナ,タンカン,本場大島紬,泥染め,珊瑚礁,闘牛,民謡,島唄,ジャミセン,奄美,奄美大島,徳之島,沖永良部島,与論島,喜界島,(加計呂麻島),大島郡,奄美市,奄美群島,奄美諸島,離島,復興,振興,予算,珊瑚礁,沖縄,戦艦大和,祖国復帰,ハブ,南国,砂浜,鹿児島県


奄美の思い出、懐かしい思い出をネットで旅する

 

ESP - ENESYSPORT

 

現存する天守閣の建築様式で知られる福井県坂井市の丸岡城に関連の「一筆啓上火の用心お仙泣かすな馬肥せ」~有名な日本一短い手紙になぞらえエリア限定無し、年齢指定なしキーワード検索

地名も入れず、しかも極く短い文章の手紙で有名

一筆啓上火の用心お仙泣かすな馬肥せ~日本一短い手紙で有名、現存の天守閣の建築様式で知られる福井県坂井市の丸岡城・・城壁周りに美しく咲くソメイヨシノの夜桜見物懐しく前からリンク

ここで全くの余談なんですが・・・

当SOHO運営のウェブサイト・ページ群も今では膨大なコンテンツ量となって来ました。

ネット検索でキーワードの設定次第では偶に検索結果に現れたり・・
徐々に”顔出し“してくれてネットの世界での認知度を知ることも・・

言ってみれば”ありふれた“(失礼!と言うことは~結構、日常的に使用されエリア限定無し、年齢指定なし、好き嫌い問わず・・)下記のようなキーワード群で先程、検索して見ましたら現れた!自サイトのページが。
あくまで、この瞬間の検索結果で有りますが・・・

気になる食堂
気になる食事処
気になる料理店

検索結果のソコソコの範囲内のページにて表示されてました。
それらのキーワードをターゲットにしたコンテンツを複数の自サイトの多くのコンテンツで登場させているからでしょう。


SOHO [ソフトハウス工務店]
ソフト工務店 エネシスポート
京都府・大阪府SOHO近郊にてSOHO企業ご案内

主にオリジナル・ドメイン下で以下のリンク先ページに
リストアップしているウェブサイト群を構築して運営しております

オーソドックスで網羅的運営サイト群の御案内
PR エネシスポート運営WEBサイト集 PR

エネシスポート運営WEBサイト集


因みに、当[ソフト工務店]エネシスポート 独自ドメインenesysport.jp
サイト・タイトルページ・タイトルは色々で一目瞭然とは?

口コミで話題? !リンク集合!WEBサイト群=違う角度で=PRご紹介PR おすすめ!

 

昨日は某キーワードでのネット検索で遂に検索結果の上位にランクインを確認、嬉しかった!膨大な「富士登山」関連コンテンツ集の中で客観的には何の変哲も無い我がサイトが姉妹サイト群の協力で

姉妹ブログに昨夜、次の記事を投稿しました。

キーワード「富士登山写真アルバム」他で検索し検索結果に現れたり認知度上昇。注力してもナカナカで正直、諦めてた次第。今に現れる現象は悪い気はしない!姉妹サイト群のチームワークのお陰

以前には、当然?他の姉妹サイト群と同様な感覚でネット上での認知度も・・これだけコンテンツを精力的に収集してサイト構築作業をしたのだから・・スグサマ上位表示になろうかと期待しつつも意に反して?当然ながら?も認知度は低空飛行ばかり・・でした。

まとめてアップし外見上は仕上がった、コンテンツ量も十分、何と言っても天下の名山「標高日本一で美し過ぎる富士山」をテーマにしたからには注目の的のハズだった・・
数年後には世界文化遺産にも登録となり、その”箔”もちゃっかり宣伝?する等して来たのに・・・とほほ

手を変え品を変えて試行錯誤を繰り返すも一向に上位表示には至らずに遂に上昇期待を諦めていたのですが・・・

昨日、久し振りの某キーワード検索で・・・上位表示だった!

富士登山_20090812 写真アルバム集 ~ 後に「世界文化遺産」に登録され …
fujisan.enesysport.jp/fujitozan-album.html

・・・・・・・・・・

嬉しかった! あれほど期待しつつ叶わずの次のサイトが遂に日の目を見る事になろうとは・・・尤も、連携プレー?で運営中の多くの姉妹サイト群さらには夫々に含まれる多数の運営ページ群からの案内リンクでの知名度??認知度UPに依るところが大きいのは確かなんです。

「富士登山」サイト
「富士登山」サイト

富士登山_20090812 タイム・チャート

単独での運営サイトならば、同様な「富士登山」コンテンツは、毎日にわたり数知れない関連コンテンツがネット界にアップロードされ、失礼ながら情報過多・情報氾濫・・本当に失礼な表現・・(神様・ネットワールド様・仏様に御免なさい!)我が運営サイトの存在なんて~~

協力しつつ継続・・・が遂に望む好ましい結果となった次第、嬉しい!

ところで姉妹ブログに投稿した上記の記事を書き出した時点での記すトピックの一つに、ちょうど9年前2009/08/12に世界文化遺産に登録なる前でしたが富士登山を体験していた件でした。

アップし終えて若干の時間経過後に記載し忘れたことに気付く・・・

おっちょこちょい!ですまされてイイものか・・・常なる事とは言え・・・


折角だからと富士山頂の火口周り、「お鉢巡り」を楽しむことにしました
好天気の日、下界から眺める富士山の姿・形とは打って変わった
活火山の富士山の本当の姿を!そして日本一の高さからの絶景

登り始めはスッキリしない曇り空、近くに有るハズの富士山は見えない
やがて、その覆った雲は眼下に・・「雲上の人」になった錯覚、失礼!
全体で300枚以上もデジカメで撮りまくった。正味1時間は撮影に費やす

カメラを向ける時間が勿体無い気もする・・が、今後も長いこと思い出の友になるハズ


前夜は想定外に思惑外れての給油所探し、もう一つ間違えば富士登山を
諦めざるを得なかった。 でもスタート後は軽装故にトントン拍子に此処まで来たもんだ
残すは楽な下りを下山するのみ。 楽勝のハズが・・神様に仏様は見ていた

最終的には助けて下さった


バッテリー切れ この時点で数多くの写真を撮ってきたデジカメのバッテリーが干上がる
残念ながら、下山時のデジカメ撮影はココまで
足を負傷 軽装、登山靴なし、杖なしで殆ど休み無し。シューズで「砂走り」の砂利道を勢い下るのは
足の付け根にかかる負担が大きすぎた。追い越していたのが急にダウン。
追い越されて行くが足を進めるのが苦痛。
瞬きも抑えて先頭の
僅かな照明、後尾の
歩き方をイメージして
一時は野宿も考えた・・夏場だし夜間も寒くは無さそう・・でも、夜明けまで時間が長いし
明日も傷みが引く訳では無いし・・
進んで行って山小屋へ。照明を買い求めようと思うも在庫無しとの素っ気ない返事
やがて大人男性2人に小学生らしき2人の4人グループに、何とかお願いして加わる
真っ暗な中、狭い山道の木々や石ころのデコボコ・段差・曲がりくねった下り坂を進む
計5人の明かりは先頭の大人の小さなヘッドランプのみ、間に子供さん二人を挟み別の
大人が・・その最後尾を微かな照明を頼りに前に進んで行く4人のコースを目を凝らして
イメージに焼き付ける・・
須走口五合目に・・負傷した足を、その間ずっと傷み続けた始末・・後遺症が3年程。
子供さんに何かと・・お礼を兼ねて・・・懐中電灯・ヘッドランプ代の分を・・
残り少ない人生で
最大の危険な場面
僅か3~4秒ほどのアクシデント、結果的には全てが加減良くおさまったせいでしょう
一つでも都合が悪ければ、先程までの足の負傷どころでは無かったハズ。 不思議!

いろいろ予期せぬ体験が有った我が「富士登山」の一コマ、二コマ・・・を収録した写真アルバム集です

  富士登山(タイム・データ、タイムデータ、時間経過、タイムリスト)は此処をクリック~Click!

 

写真アプリソフト「フォト」が提示した1年前・13年前の写真で当時を思い出す契機に。ならば毎日アプリ起動で数年前の当日出来事日記ならぬ思い出写真が目の前に?偶にはいいが加齢が目立つ

或るミニ考察のストーリーで御座います。
文才無き身には羅列あるのみ・・・千分の一否、万が一でも数打てば当たる事も有りなんと・・・記事にして行きます。 先に次の記事をアップ

本当に灯台下暗し~何度もアップしている中華料理「東香園」に隣接の美味しい「そば処つるや」さんが。不思議な感覚だった。ワザワザ遠回りに探し当てた宝物風!近くて昔ながら(失礼!)旨い料理

その中で下記コメントを・・・

長年、使い続けて来てましたが特に、複数画像の「サイズ変更」は複数画像も一括可能など便利だった「ピカサ」を誤って削除・・・先日、食事の際の写真を一点ずつサイズ縮小操作をしてアップすることにしました・・

グーグル提供の従来方式での「ピカサ」アプリ提供サービスは無くなってクラウド方式に一元化? 従い改めてのダウンロードは諦めてマイクロソフトの「フォト」を使用しています。
何げなく使っていたのですが不注意により誤って「picasa」を削除後、いろいろフリーソフトを探せど、複数画像イメージの一括サイズ変更可能なソフトは見つけ出せず今更ながら利用価値の大きなアプリケーション・ソフトだったと認識する次第

今は「フォト」で画像管理しサイズ変更は「ペイント」ソフトにて1枚ずつの処理で済ませております。 今の所、一括変更と言っても編集作業が必要な枚数は数枚程度なので事足りています。

最近は散策・ハイキング・サイクリングも殆ど無くて以前の様な多数の写真を収録したアルバム作成も無いものの、写真アルバム化が必要になった際の編集作業には難点が・・・

方や「フォト」にもイイところが・・・時系列にての表示がおもしろそうデス。

先程「フォト」を立ち上げたら「コレクション」に『この日』に・・・よく見たら分かった! どうも本日と同じ7月29日の収録日を年毎に示しているようだ。 2017年7月29日に189枚・・・京都市の南禅寺散策・サイクリングだった! そう言えば、有ったなぁ~そんな事が・・まだ昨年のこと?

当時の写真を運営する多くのサイト群・ページ集の何処に配置したのだろう? 完全に記憶喪失気味に近い物忘れ症なれば、もはや頭の中では思い出せない! ここで久し振りの出番なれど強力助っ人の登場

サイトグループ内には複数個所に「Google カスタム検索」機能ツールを配置して有って”サイトグループ内検索“に一役かってくれます。

今回は少なくとも探し当てるコンテンツ内に「南禅寺」は含まれている筈との確信で一般的なネット検索に準じてサイトグループ内(より適切には、独自ドメイン配下のサイトページ)限定のローカルエリアネットワーク?検索にてのキーワードに”南禅寺“を設定

「臨済宗大本山南禅寺」の写真集

がリストアップされました。 次のブログの続く投稿記事に・・・

手繰り寄せ徒然写真-ブログ

京都府・大阪府でのソフト開発向けウェブサイトの立上げも一段落。撮ったまま未整理だった「臨済宗大本山南禅寺」の写真集


上記、1年前の本日(7/29)以外で「フォト」内で管理された写真は

2005年7月29日に1枚・・・当時、住まっていた室内(台所)
はは~ん、ちょうど13年前になるのかなぁ~確かに有ったなぁ~

omoide20050729

 

あの頃も結構なお年だったが、あれから13年も?
人間って年をとる動物なんだ・・・私とて例外無しだ
まぁ~1000年先の世代の人々全員から白い目で見られて生きていくのも辛いものでしょう・・・

また又マタ、取り留めない話になってしまって・・・ここら辺で退散します。

 

 

今回が初のキーワード。先程「独り言リンク集」でネット検索したら下記の投稿済みブログ記事が2ページ目に出現!LINK先ページは多過ぎる?自運営ページ集の中でも最大ボリューム。拾い読みで何度か

よくも一人で、これ程多くのサイト群を構築して運営しているものだと呆れて?しまいます・・・半分は冗談で残る50%は本心です。
しかも各々のウェブサイトが、多寡はあれ複数ページを抱えております。
ネットサーフィンで頻繁に旅・宿・ソフト開発関連情報を求めております。 昨今は大幅にコンテンツ拡大路線?で「飲食」関連サイトを自運営ページ群のネット界での認知度比較からサーフィンしております。

(余談)因みに水上・海面上の波乗り改め一般的に知れ渡っている本当の??サーフィンは未だ・・・運動神経も無いし先立つものが先ず無い。
田舎の海で樹脂製ボードで無く、そこら辺のにて同様な態勢を保とうと・・・そこまで行かなんだ・・・乗り上がれなかった。
湘南の江の島には最低2回は渡っていますが、湘南ボーイにはなれなかった・・・尤も、2~3時間の滞在で湘南ボーイは無いでしょうね。
一昔前の思い出、或る時は埼玉県からママチャリで江の島へ出かけたし又別の機会には江ノ電にも乗ったし・・・サイクリングでは勢いで城ケ島にも・・・
余談のつもりが纏まりの無い本題に移行しそうになっちゃった次第!

今回が初めてのキーワードですが先程「独り言リンク集」でネット検索しましたら下記の投稿済みブログ記事が2ページ目に出現!

リンク集のLINK集~姉妹ホームページ内「高血圧独り言」ページでブログ一人言にリンクしている件数多い故に細分化してのLINK記事有り。ここで再集約しての入り口となれ!多数から直接も勿論PR

高血圧独り言

高血圧独り言リンク先ページは運営中の数多あるページ群の中でも最大(ページ内コンテンツ量)のページなんです。
本当に自分で作成したページなの?と錯覚する程のボリュームです。
単純に含まれているテキストを打ち込んだり多くの挿入イメージを張り付けたりする作業だけでも膨大なり。 まして他のページ群とのリンクの遣り取りや各イメージの配置位置・大きさ等勘案するだけでも・・大変。
従いこのページ全体を見直そうとの忍耐力は有りませぬ・・・
ですからアクセスされる方が、読み通せるなんて考えていません。
ただ「高血圧」に関する検索結果にはソコソコの割合で顔を出しています。 「高血圧独り言」は勿論「血圧net」などで・・・
決していい加減な思いで作成した訳では無くて、若い頃から職場の検診で最高血圧180台を指摘され仕事を断念せざるを得なかった時点からトラウマの如く?持って生まれた体質?神経質?ストレス量産体?で血圧測定時に異常な血圧上昇ばかり・・・
でも判定の基準にはずっと疑問を持ち続けて来ました。 何故に一律な判定基準で同じ人間ではあっても種々雑多な(失礼!)”“に適用するのか?それこそ、いい加減な判定では・・云々・・連ねて有ります。

拾い読みで、何度か・・・目を通して頂いたら同感を頂ける方もおられるのでは?と考えております。
今まで血圧降下剤の服用最長一ヶ月続けたことは有りますが、他の受診後の調剤服用では体調異変を感じる事が多く実質的に服用とは縁遠い・・しかし毎回の検診ではビックリ血圧・・・でも富士登山数度の無謀なサイクリングや最近でもPC画面と睨めっこで神経過敏な体調で夜通しのWEBサイト構築運用作業を続けたり・・・

小生の場合、元々神経質ゆえ”高血圧“を心配し過ぎるのが一番悪そう・・・忘れられるほどにパソコン作業に熱中出来ているのが良いのかも?知れません。

 

 

京都市内、久し振りのハンバーグレストラン「びっくりドンキー」にてランチ!さすがコスパ感が、一昔前は関東で何度か。「フライングガーデンの爆弾ハンバーグ」も数回。両店は亀岡市内に無し、残念

ハンバーグレストラン「びっくりドンキー 千本五条店」にて、レギュラーSセット
ハンバーグレストラン「びっくりドンキー 千本五条店」にて、レギュラーSセット

京都市内、現場が近くだったので・・お昼は久し振りのびっくりドンキー

京都市内の別のびっくりドンキーでも食事をしたことは有りますが、どちらかと言うと関東地方がメインの展開なんでは?

ハンバーグレストラン【びっくりドンキー】のホームページを閲覧

全国地図を模した店舗検索マップでは鳥取県・島根県・徳島県を除く全国の都道府県に出店している様に見えます

最初に利用したお店は神奈川県だったと記憶していましたが、朧気に残る場所付近には無さそう・・明らかに違うお店は幾つか・・

さては東京都内だったか、埼玉県内のお店だったか?

少し変わった名前のお店だなぁ~と、ところが食事して見たら「びっくり」と名付けられた意味合いが何となく理解できました

豚肉・鶏肉・魚肉 以外は社会人に成りたてまで食したことは殆ど無かった

利用するようになったは、コスパの良さ・・・良心的な値段で食べ易い

高級張らず、小生でも雰囲気をたの占める

関東にいた頃は、似たような業態の飲食店が他にも・・・

爆弾ハンバーグ・・・会社名は「フライングガーデン」とか
埼玉県内の幾つかの お店にて・・・こちらもコスパが高い
店舗展開は専ら、関東地域のみか?
フライングガーデン公式ホームページ


どちらも洋風な店構えだったが、それに比べたら近くの

レストラン「ステーキ宮 亀岡店」・・スープバーには、幾種類ものスープが・・コスパ感あり
レストラン「ステーキ宮 亀岡店・・スープバーには、幾種類ものスープが・・コスパ感あり・・上は、当サイト内「勝手にPRページ」へのLINKロゴ


トータル・コスパは抜群の高さのスープバー4種のスープが旨い。中味が充実のスープで清潔感も
それに「御飯」が美味しい! 心地よい接客に落ち着いた店内です

ステーキ宮 | ステーキ&ハンバーグレストラン (公式サイトTOP)


 

サイトグループ内の旅関連サイトの御紹介~旅(観光・旅行)、宿(旅館・ホテル)、観光エリア・スポット、旅・宿情報LINK旅の備忘録をメイン・テーマにした運営サイト群・・PR

サイトグループ内の旅関連サイトの御紹介

旅(観光・旅行)、宿(旅館・ホテル)、観光エリア・スポット、旅・宿情報LINK旅の備忘録をメイン・テーマにした運営サイト群は・・・

■下記の2サイトは旅・宿・飲食サイトのリンク集 [ 徐々にリンク先を追加 ]
旅の宿サイト・旅宿NET http://tabi-yado.enesysport.jp/
リンク集~旅・宿・飲食・衣・住・ECO http://link-site.enesysport.jp/
■下記の2サイトはWEBサイト運営担当の旅の備忘録・写真アルバム集
ネットで旅路(ネット旅) http://net-tabi.enesysport.jp/
写真アルバム集 http://photo.enesysport.jp/

青春18きっぷの旅、富士登山備忘録・写真集、仁和寺 御室八十八ケ所霊場巡り サイト群・・・

青春18きっぷの旅 http://seishun18.enesysport.jp/
富士登山_20090812 タイム・チャート http://fujisan.enesysport.jp/
仁和寺+御室成就山八十八ケ所霊場 http://ninnaji88.enesysport.jp/

独自ドメイン下で運営中の下記5サイト群は多少の差は有りますが旅の情報・備忘録・写真を織り交ぜて綴ってます・・・

メイン・ブログ (店主ブログ) http://enesysport.jp/wp/
サイト情報・ご紹介-ブログ http://sites-info.enesysport.jp/
フィールドワーク-ブログ http://blog.enesysport.jp/
旅の備忘録・写真-ブログ http://album.enesysport.jp/
旅・宿・飲食・衣・住・ECO~サイトマップ集 http://link.enesysport.jp/

古都京都を散策・ハイキング・サイクリング・・幸いにも世界有数の観光エリア、古都京都に隣接の亀岡市に住んでいたら京都方面へのサイクリングやハイキングは手軽に。運動不足・高血圧症にも

[古都京都を散策・ハイキング・サイクリング]

京都散策 その1 2015-06-27

京都散策 その2 2014-07-11

京都散策 その3 伏見稲荷大社(京都府京都市)海外観光客・朱色鳥居群は圧巻

京都散策 その4 東福寺(京都府京都市)周辺、圧倒的人出の紅葉季節避け

トロッコ・嵯峨嵐山・桜 2015-04-04

嵐山嵯峨野・渡月橋 2015-10-17~18

一人ハイキング、円町駅~八瀬(比叡山麓)~大原の里(三千院・寂光院)~琵琶湖大橋

嵐山紅葉 2013-11-24

紅葉を待つ京都市の嵐山・渡月橋 2015-10-23

京都散策2015-08-21~嵯峨嵐山、清凉寺・清滝道・愛宕念仏寺・竹林の道・渡月橋

京都・貴船 観光避暑地 川床料理 2014-07-08

保津峡・嵯峨野ハイキング 2013-12-01

保津川(桂川)・清滝川をハイキング 渓谷美を楽しむハイカーも大勢

嵐山・渡月橋151212「京都・嵐山・花灯路(はなとうろ)」

高雄・北山杉・北野天満宮初詣 2016-01-02

京都市、高瀬川 鴨川 清水寺 円山公園 伏見稲荷大社


群馬県、草津温泉「片岡鶴太郎美術館カフェコーナー」にて珍しく洒落た気分でコーヒー。時は流れコーヒーの味は忘れたが、その雰囲気は今でも思い出として蘇る!備忘録にディジタル保存のお陰か

群馬県 草津温泉 片岡鶴太郎美術館 カフェコーナー にて珍しく洒落た気分で・・・コーヒーを味わう?より滅多にない雰囲気を味わう

コーヒーの味は忘れても希少な雰囲気の中で一杯のコーヒー
その雰囲気は今でも思い出として・・・尤も備忘録として自運営WEBページに掲載し、折に触れ回想したり・・・ディジタルさんに感謝

そのエコ旅の写真アルバムは

日光・草津温泉 2006-07-15_16

群馬県 草津温泉 片岡鶴太郎美術館 カフェコーナー にて珍しく洒落た気分で
群馬県 草津温泉 片岡鶴太郎美術館 カフェコーナー にて