「奄美群島」タグアーカイブ

近大マグロに近いゾ!バナナやパパイヤ他の国産化技術にメドとの記事。アッと驚く発想。美味のパパイヤ味噌漬け+油炒めソーメンは定番の一つ。田舎育ちにも思い出有り~奄美大島・徳之島を回想

先程、YOMIURI ONLINE を見て・・

広島の法人が編み出した?栽培方法にドキッとする発想力を感じた
尤も発想を実現させるには大きな可能性を信じるだけのベースが有り実行力も備えている他、多くの要素を持ち合わせて無いと

今は輸入で安価なバナナやパパイヤが出回っています。幼き頃は沖縄県や鹿児島県の奄美諸島辺り・・ひょっとして種子島・屋久島地方も?・・までの栽培地だったが、何と本土でも栽培可能にする技術を確立とか(記事では国産化技術で国内生産を目指していて耕作放棄地等の有効活用にも・・)

故郷の奄美群島では蘇鉄・サトウキビ同様、バナナやパパイヤも栽培可能!現に生家の庭にはバナナとパパイヤが植えられていた。本数は少なかったが、ちゃんと自然栽培で生えていました。今でこそパパイヤも普通に果物コーナーに並べられたりしていますが、昔は珍しかったのでは?
一旦熟すと傷みが速い。かと言って熟す前は味もしないだろう。熟したまま放って置くと傷みがアッと言う間に進み、先ずはハエや虫などの格好のエサ?に・・更には落下してしまう。
昔は青い実を味噌漬けにしたパパイヤ味噌漬けを親が手作り・・これが美味だった。油で炒めた素麺の添え物にピッタリ。今でも叶わぬ料理なれど欲しい。本土にて何度か買い求めた事も。
当時の数少ない食事メニューの中で中心的な組合せでしたネ

世界一の食材を使用して世界一の料理人が調理した世界一の富裕者がオクチになさる食事の正しく3割3分3厘程の美味しさは有った。勝手に想像比較

親と同居していた頃はソーメン、うどん、豚肉、サツマイモが頻繁に口に入って来ちゃったもの

バナナは戦後の米軍統治下ではオイそれとは行かなかったと思う。
本土の果物コーナーへ並ぶまでは・・
移送日数がかかり、保冷輸送も無理なれば・・衛生管理や税関の面からも

日本本土の大消費地から遠く離れ交通の便の悪い島々での小規模農業では無理が有るのかなぁ?
南国の生育環境を見ても更に南国の地は有るし・・
小学校高学年の頃だったか、近くのおじさんがベトナムにてバナナ農園を営んでいるとか耳にした事が有った
その後、国政や政情やらで・・
今の時代、フィリピンとともに大きな輸入先なんでは?定かでは無いが・・

今回のバナナの国産化技術は他の栽培や休耕地対策にも進化・発展を期待

それにしても発想・実現化は素晴らしい!!
未だに口にしたことは無いが、近大マグロに近い存在だ!

懐かしい思い出~徳之島・奄美大島

懐かしい思い出~徳之島・奄美大島


奄美大島・徳之島での思い出を回想!奄美群島(奄美諸島)~奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島。鹿児島県内でも種子島・屋久島より南で沖縄県の北隣り

懐かしい故郷の思い出・・奄美群島(奄美諸島)
奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島


更に 思い出ブログ記事・・

昔を思い出して「奄美大島」「古仁屋」そして「加計呂麻島」と検索結果を辿っていくと「寅さん」映画のサイトに

奄美大島のマングローブの群生地(鹿児島県大島郡、旧住用村)、珍しい光景だったが今 国内では貴重な風景の観光資源に

サトウキビ担ぎ、飲み水・五右衛門風呂水を天秤棒で。カマド にハガマ、プロパンガス・薪

お盆休みで帰省・行楽が多いみたい。亀岡市(京都府)の国道9 号線も何時も以上に渋滞。昔の船旅を想う

芥川賞受賞!お笑いコンビ「ピース」又吉 直樹さんの母親の故郷は奄美の加計呂麻島とか・・いささか思い出ある島。懐かしい小さな桟橋に定期航路の大きな?桟橋

「ブログ投稿記事を奄美大島 徳之島で検索しピックアップ」より部分的に抜粋して懐かしい思い出を再掲~鹿児島県大島郡の島々で

「旅の宿」旅宿~「旅・宿」「旅」(旅行・観光・温泉・行楽) で泊まる宿泊施設サイト「宿」(旅館・ホテル・民宿)ほか
旅の宿」旅宿~「旅・宿」「」(旅行・観光・温泉・行楽)
で泊まる宿泊施設サイト「宿」(旅館・ホテル・民宿)ほか